本文へスキップ

Article 9 Association NARA Networks

活動報告report

3000万人署名の現状はボタンをクリック      3000万人署名
過去の活動記録ページの参照はボタンをクリック 2017年 2018年 2019年

近鉄奈良駅街宣行動   奈良市蟻の会    2020年2月11日(火・祝)

 奈良のうたごえ協議会では全国協議会の呼びかけに応じて、ニューヨークで4月に行われるNPT会議、及び原水禁世界大会に奈良から 2名の代表を派遣する取り組みを進めています。全国で100名の歌って、太鼓を鳴らし教会やホール、大通りを歩き、核は必要との考えが多いアメリカ人等に訴えてゆきたいと考えています 県目標は、署名数3000筆、カンパ額80万円。協議会ては1982年のNPT会議より毎回2~3名を派遣し、個人負担はさせないようにしてきました。 バザーや個人的に訴えて来ましたが、11日(祝)蟻の会練習後の17時より1時間の街頭行動を近鉄奈良駅で行いました。 ここでは、外国人観光客が多く通行人も無反応で今まで良い場所とは思いませんでしたが、結果は署名数109筆、カンパ額8640円と大きな成果をあげました。 長崎の「焼き場の少年」の写真を掲示し、その後ろで歌って、五人程が署名、募金。無関心を装おう人も多いのは想定内、しかしいつもより反応が良い、通行量も適量、コロナウイルスで中国人観光客が減少した?
私の背中を叩いて署名しますと女性が応じてカンパも、女子高生(祭日なので私服)らしき四人組に声を掛けたら、「さっき書きました」と、ありがとうと手を上げたら、その手にハイタッチをしてくれました、 私にすれば女子高生の手に触れるなんて、またその手が温かかったこと、寒さに縮み、氷のような私の手に驚いたのではと思いまた。
それにしても、うたごえのメンバーの活躍には感激、歩行者にしがみつくように署名用紙を突き付け訴え、駄目なら、反対方向へとその繰り返し。他の者も動き回っていました、私は20筆、私は30筆と報告があり、凄いと!やはり集め手の思いが相手に届くものですね。(因みに私は40筆でした、カンパも五千円ほど)そのエネルギーは日常的に平和の歌を練習して来てその思いが身に染みているのでしょうね。次が楽しみてす。
                                            牛尾

第3回 かんまき憲法サロン   かんまき九条の会    2020年2月8日(土)

 

参加者は35人。文化行事
①邦楽集団・菊の会の「岸壁の母」「祇園小唄」
②「令和版さくら変奏曲・三題噺」(熊井三郎:上牧在住詩人)
③楽曲披露「競争社会」「私はあの日を忘れまい」(石丸秀司)のあと、
自由発表会で
「トリチウムについて」
「スペイン巡礼・平和への願い」等のトークがありました。
最後に、主催者からの新署名などの行動を確認し閉会しました。
追伸 ① 写真は菊の会の演奏披露です
② 私の披露した曲「私あの日を忘れまい」(2/8のライブ音声と歌詞添付)は2年前に上牧で元海軍兵として戦争体験を語っていただいた故瀧本邦慶さんの遺志を受けた形でアレンジして2/8に発表したものです。何らかの形で紹介していただければ幸いです。 上牧 石丸秀司



私はあの日を忘れまい  ~故瀧本邦慶さんにささげる~

1 私はあの日を忘れられない いくさのあの日を 忘れられない 罪のない人たち連れ出し集め
 油をかけて 火をつけ殺した 火をつけ殺した あの日のこと
2 私はあの日を忘れられない いくさのあの日を 忘れられない 連れて行けとすがる
 傷ついた友を 見捨てて進み 地獄に残した 見捨てて殺した あの日のことを
3 私はあの日を忘れられない いくさのあの日を 忘れられない 銃声に息殺す
 ざんごうの中 泣きやまぬ赤子に 手を下した この手で殺した あの日のことを
4 私はあの日を忘れられない いくさのあの日を 忘れまい お国のため 家族のためと
 あの戦争に駆り出した 亡霊が 今も蠢いている 私はあの日を忘れまい いくさのあの日を
 伝えたい 伝えたい  伝えたい


近鉄富雄駅街宣   奈良市九条の会交流会    2020年2月4日(火)

 

2月4日14時から富雄駅前で富雄九条の会女性の会が中心に街宣行動が行われました。 22名が参加、「緊急改憲発議に反対する全国緊急署名」が49筆集まりました。蟻の会の方々の歌声に街頭署名も弾みがつき、又、楽しくできます。通行している方も「歌声はいいですね。私も歌は大好きです」としばし、立ち止まって口ずさんでいかれます。学生が「憲法9条は大事と勉強した。絶対守らないといけない」とマイクで「署名をお願いします」と訴え、2曲歌ってくれたそうです。若者を再び戦場に送らないためにも、平和な日本を次の世代に引き継ぐためにも、参加者は改めて「憲法9条を守る」決意を持ちました。参加者は次々にスピーチを行いました。


19の日宣伝署名行動 広陵九条の会 2020年1月19日(日)

 

広陵九条の会は昨日(19日)10:20~11:00、商業施設 エコールマミの2階通路で今年最初の19の日宣伝署名行動 をおこないました。 最近では最も多い15人が参加、にぎやかにマイク宣伝、 ビラとティッシュの配布、新たに開始された「改憲発議 に反対する全国緊急署名」に取り組みました。
日曜日の朝ということもあって買い物客も多く、ビラの 受け取りが137枚、新署名が10筆集まりました。
安倍首相が「憲法改正は、必ずや私の手で成し遂げてい きたい」と繰り返し改憲への異常な執念を語っている中で、 それを許すか、最終的な断念に追い込むことができるか 今年が最大の山場になると考えています。
今日(1月20日)、世話人会を開催し、全国市民アクション、 総がかり行動実行委員会の「改憲発議に反対する全国緊急 署名」の呼びかけ、「Q&A」を討議し、目標を決めて新署名に取り組むことを決めました(4月5日投票で町会議員 選挙があり忙しいことも考慮して5月末目標300筆としま した)。
次回19の日行動は2月19日五位堂駅前で行う予定 です。


「冨田宏冶さんと語ろう」 九条の会奈良県ネットワーク 2020年1月18日(土)

 

九条の会奈良県ネットワークは「冨田宏治先生と語る会」を1月18日13時半から奈良市生涯学習センターにおいて開催。37名が参加しました。
1、 憲法発議をめぐる情勢として
① 1月20日から行われる通常国会で安倍首相は野党の 追及で1月末解散、2月総選挙もありうる。理由(安 倍首相はプライドが高く、攻められるとパニックに なる。麻生や二階も早期解散をしかけている)
② 憲法審査会を開いて審議を無視、野党を締め出して  与党のみで採決という暴挙にでる可能性もある。
 ③ マスコミは選挙報道をしないことによって投票率を下げている。
2、 改憲発議を許さないために・・・どう投票率を上げるのか
 ① 衆議院選挙小選挙区において、野党共闘で投票率が後3~4%上がると80議席が野党に。60%まで上がると  与党は過半数割れになる。 「市民が野党は共同してたたかえ」という声を上げていくことが大事。
 ② 政治に諦め大量投票棄権している人達へ「市民が作った共通政策」に希望をもってもらう対話と説得。
 ③ 生活が困難で政治に関心を持てない人たちへ「政治をあきらめない」働きかけ。
3、 3000万署名が果たした役割
 2016年参議院選挙、政治史上初めて改憲勢力が3分の2を超える。参議院議員が3分の2を超えるのは困難。
 それが超えた。「改憲の機は熟した」が、それを阻止したのが3000万署名。 「諦めない、往生際の悪い市民の 力」が3000万人署名に集約され、3年間踏みとどまって改憲発議の動きが止まった。
4、 今、なぜ「改憲発議に反対する全国緊急署名」なのか。
 ① 通常国会で安倍首相は施政方針演説で「憲法審査会」に触れ、憲法審査会での暴挙や野党への切り崩しなどの策  動を許さない世論が求められている。市民に出来る事は「許さない世論づくり」
② 署名数も大事だが、説得して廻る事が大事。署名は説得するための武器。
 「地べた戦、一人ひとり説得」じっくり、緊急に


国会パブリックビューイング@高の原駅   2020年1月17日(金)

 

今年2回目の国会パブリックビューイングを高の原駅前で行いました。 内容は前回と同じの「桜を見る会」の参議院の論戦でした。功績のあった招待者達が写真付きで自身のブログで発表しているのに拘わらず、個人情報だから公表できないとの詭弁、開門前の荷物検査無しの入場はセキリュティー上問題無しの答弁に少ない観客から哄笑が漏れておりました。 安倍政権のはぐらかし答弁、詭弁で丁寧な説明しているように見せかけている状況がこのビューイングで分かりますので是非皆さんに見て欲しいと思います。


成人式 宣伝 桜井九条の会   2020年1月13日(月)

 

新成人にミニリーフ(第5版)を、約50枚配りました。スマホ片手の新成人には、なかなか受けとってもらえませんでした。      


成人式 宣伝  橿原九条の会   2020年1月13日(月)

 

橿原市成人式が開催され、橿原市9条の会は 恒例のシ-ル投票を行いました。
 今回は地球環境問題で、「あなたは世界的な異常気象に 危機感を」で実施しました。投票総数は36票でした。 宣伝力が弱く、投票に参加された新成人は少なかったですが 危機感を持っているように推測できると思います。
まだまだ 彼らは期待できると思います。
             白橿9条の会 岡崎邦夫




9の日 近鉄生駒駅前 街頭宣伝   生駒九条の会   2020年1月9日(木)

1月9日、今年最初の行動のまとめです。
生駒駅改札口宣伝、1時間 参加17名、改憲発議反対署名49筆        核廃絶署名    41筆
       カンパ      1000円
1時間にしては、すばらしい成果でした。 今年の出足は上々です



9の日 近鉄高の原駅前スタンディング 平城ニュータウン九条の会 2020年1月9日(木)

 

今年最初の9の日宣伝・署名活動を、15:00 ~16:00 近鉄高の原駅前で行いました。7人が参加し、マイクでの訴えとビラ配布、平和首長会議の「核兵器禁止条約」の早期締結を求める署名、改憲発議に反対する全国緊急署名、3000万署名を訴えました。 核兵器禁止条約:6筆、 改憲発議阻止:8筆、 3000万署名:9筆 でした。



国会パブリックビューイング@高の原駅    2020年1月6日(月)

 

今年最初の国会パブリックビューイングを近鉄高の原駅前で行いました。  国会パブリックビューイングの提唱者の上西充子法政大学教授(奈良県生まれ)が「桜を見る会」の国会質疑をパート毎にまとめながら質疑応答を見る映像でしたので、 何が問題で、何を答えていないのか。はぐらかしていないのかが判りました。 調査することになっていた件の回答、公文書は国民の財産であり永久保存の原則を法案にして欲しいと思いました。  横目で見ながら通り過ぎる方々、数分立ち止まって見ていく方も数人おられました。 寒い中、1時間も見て頂いた方も1人おられました。





九条の会奈良県ネットワーク

administ@nara9jyonet.com


運営資金の振込先
 送付先:ゆうちょ銀行
     記号14530 番号27006271
     九条の会奈良県ネットワーク

nara9net